【幼稚園の無償化】専業主婦家庭はどうなる?預かり保育や満3歳児保育は?

2019年10月より、

幼稚園の無償化が始まりました。

 

ちいたか

これから幼稚園に通う予定の

子どもがいるママさんにとっては、

幼稚園の無償化は気になる話題ですよね?

 

特に、幼稚園に通う子どものママさんは

専業主婦で子育てをしている方が多いもの。

 

  • 専業主婦家庭は幼稚園の無償化の対象になるのか?
  • 幼稚園の預かり保育は無償化の対象になるのか?
  • 幼稚園の満3歳児クラス(プレ保育)は無償化の対象になるのか?

 

などなど・・・

気になることがたくさんあるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、専業主婦家庭の場合、

幼稚園の無償化の対象がどのようになるのかについて

掘り下げていきます。

幼稚園の無償化 専業主婦家庭は対象?

幼稚園の無償化は

専業主婦家庭であっても対象となります。

 

上記資料によると、

ママの就業状況にかかわらずに

  • 満3歳~5歳の幼稚園に通う幼児が対象
  • 2.57万円を上限に無償化
  • 所得制限はなし

ということになります。

 

幼稚園の無償化 専業主婦家庭が対象外となるものは?

幼稚園の無償化といっても、

幼稚園にかかる費用のすべてが

無償化になるわけではありません。

こちらでは、専業主婦家庭が

幼稚園の無償化の対象外となる項目について

解説していきます・・・

幼稚園の保育料以外は無償化の対象外に!

ママさんの就業状況にかかわらず、

幼稚園の無償化の対象になるのは

原則的に幼稚園の保育料のみ。

 

それ以外に幼稚園から徴収される

  • 通園費(幼稚園のバス代)
  • 給食費
  • 入園金
  • 制服代
  • 教材費
  • 行事費
  • 空調費

などは無償化の対象外となります。

 

専業主婦家庭の幼稚園の預かり保育は無償化の対象外に!

さらに、専業主婦家庭の場合は、

預かり保育も幼稚園の無償化の対象外になります。

ここが働くママさんたちのご家庭と

いわゆり専業主婦家庭との

大きな違いとなりますのでご注意を!

 

ちいたか
参考にした資料は以下の通りです。

満3歳に満たない幼児は無償化の対象外に!

幼稚園の無償化の対象は満三歳からとなっています。

 

したがって、

幼稚園の未満児クラスや満3歳児クラスなどの

いわゆるプレ保育に通っている場合は、

3歳の誕生日を迎えた時点で

幼稚園の無償化の対象となります。

満3歳のお誕生日を迎えるまでは、

幼稚園の無償化の対象ではありません。

 

幼稚園の無償化までの流れと概要

専業主婦家庭が幼稚園の無償化を受けるためには

幼稚園から配布された申請書類を

幼稚園に提出する必要があります。

その申請内容をもとに・・・

  • ママさんの就業状況
  • 世帯の納税状況

によって、保育認定が決まり、

正式に幼稚園の無償化が受けられるようになるのです。

幼稚園の無償化★3~5歳の場合は?

ママの就業状況にかかわらず、

幼稚園は全員無償化となります。

所得制限は設けられていませんが、

上限が月2.57万円と決められています。

ただ、専業主婦の場合は

預かり保育は無償化の対象外とのこと。

ちなみに、シングルや共働きの家庭の場合は、

月3.7万円(保育料上限2.57万円を含む)が

無償化になるとのことでした。

ちいたか

もし、専業主婦のママが

働き始めることになって、

幼稚園の預かり保育の無償化を受ける場合は、

幼稚園で申請書類を受け取り、

役所に提出する必要があるとのことです。

幼稚園の無償化★0~2歳の場合は?

一般的には満3歳から入園できるとされている幼稚園ですが、

最近では、2歳から入園できる幼稚園も増えてきています。

住民税非課税世帯は幼稚園無償化の対象に!

上の資料によると、

住民税非課税世帯が無償化の対象とのことで、

上限が月4.2万円

また、預かり保育の条件は

3~5歳児の条件に準ずるとのことです。

ちいたか

ただ、専業主婦家庭の場合は

こちらの条件に該当するご家庭は

少ないのではないかと思われます。

満3歳児クラスは幼稚園無償化の対象?

専業主婦家庭の多いのが、

幼稚園に3歳になる前からプレで入園するパターン。

ちいたか

早いところだと2歳前から

幼稚園に入園できるところもあるみたいですね!

さて、この場合は

幼稚園の無償化の対象に

なるのでしょうか?

上記の資料の中に、このような記載がありました!

※ 開始年齢 … 原則、小学校就学前の3年間を無償化。ただし、幼稚園については、学校教育法の規定等に鑑み、満3歳から無償化

これを言い換えると、3歳の誕生日を迎えたら無償化の対象になるということになります。

逆に言うと、3歳の誕生日が来る前は無償化の対象外になりますのでご注意を!

もし、専業主婦が働き始めたら無償化になる?

専業主婦だったママさんが働き始めた場合は、

3~5歳の幼稚園の預かり保育も無償化となります。

ちいたか

その際は、幼稚園から申請書類を受け取って

役所に提出して保育認定を受ける必要があります。

幼稚園や役所に相談してみてくださいね!

幼稚園の無償化にともない、

幼稚園に通っているこどものママさんたちが

より働きやすい環境になりそうですね!

幼稚園の無償化★内閣府の資料により

まず、こちらのファイルに

幼稚園の無償化の概要がまとめられています。

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/free_ed/kanji_2/pdf/s1.pdf

以下、抜粋して紹介します。

(1)幼稚園、保育所、認定こども園等

● 3~5歳:幼稚園、保育所、認定こども園、地域型保育、企業主導型保育(標準的な利用料)の利用料を無償化
※ 新制度の対象とならない幼稚園については、月額上限2.57万円(注:国立大学附属幼稚園0.87万円、国立特別支援学校幼稚部0.04万円)まで無償化
※ 開始年齢 … 原則、小学校就学前の3年間を無償化。ただし、幼稚園については、学校教育法の規定等に鑑み、満3歳から無償化
※ 各種学校については、幼児教育を含む個別の教育に関する基準はなく、多種多様な教育を行っており、また、児童福祉法上、認可外保育施設にも該当しない ため、無償化の対象外。上記以外の幼児教育を目的とする施設については、乳幼児が保育されている実態がある場合、認可外保育施設の届出があれば、保育 の必要性のある子供については無償化の対象

※ 保護者から実費で徴収している費用(通園送迎費、食材料費、行事費など)は、無償化の対象外。食材料費については、保護者が負担する考え方を維持。 3~5歳は施設による実費徴収を基本。低所得者世帯等の副食費の免除を継続し、免除対象者を拡充(年収360万円未満相当世帯)

● 0~2歳:上記の施設を利用する住民税非課税世帯を対象として無償化

かなり長いですよね・・・

この中から専業主婦家庭に関係のある部分について

掘り下げてきました。