幼児教育無償化!?専業主婦家庭ではどうなるのか調べてみた。

 

幼児教育無償化が閣議決定し、ママさんたちの間でも話題になっています。

そろそろ、具体的に園から話があったという情報もちらほら・・・

未就学児を2人育てている我が家にとってもかなり気になる話題です。

特に私は専業主婦なので、残念ながらそこが不利な材料になりそうな気がしていて、ますます気になっています。

そこで今回は、専業主婦家庭の場合、幼児教育無償化がどうなるのかを我が家の場合を例に紹介していきます。

対象となる家族構成は?

幼児教育無償化が施行される2019年10月時点の我が家の家族構成です。

夫 会社員
妻 専業主婦
第一子 5歳2ヶ月(幼稚園年中)
第二子 2歳11ヶ月(3歳0ヶ月から幼稚園に入ろうかと検討中。)

子どもたちは2歳差です。

おそらく同じような家庭も多いのではないでしょうか?

このデータをもとに幼児教育無償化を紐解いていきます!

 

内閣府の資料によると・・・

こちらのファイルに幼児教育無償化の概要がまとめられていました!

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/free_ed/kanji_2/pdf/s1.pdf

(1)幼稚園、保育所、認定こども園等

● 3~5歳:幼稚園、保育所、認定こども園、地域型保育、企業主導型保育(標準的な利用料)の利用料を無償化
※ 新制度の対象とならない幼稚園については、月額上限2.57万円(注:国立大学附属幼稚園0.87万円、国立特別支援学校幼稚部0.04万円)まで無償化
開始年齢 … 原則、小学校就学前の3年間を無償化。ただし、幼稚園については、学校教育法の規定等に鑑み、満3歳から無償化
※ 各種学校については、幼児教育を含む個別の教育に関する基準はなく、多種多様な教育を行っており、また、児童福祉法上、認可外保育施設にも該当しない ため、無償化の対象外。上記以外の幼児教育を目的とする施設については、乳幼児が保育されている実態がある場合、認可外保育施設の届出があれば、保育 の必要性のある子供については無償化の対象

※ 保護者から実費で徴収している費用(通園送迎費、食材料費、行事費など)は、無償化の対象外。食材料費については、保護者が負担する考え方を維持。 3~5歳は施設による実費徴収を基本。低所得者世帯等の副食費の免除を継続し、免除対象者を拡充(年収360万円未満相当世帯)

0~2歳:上記の施設を利用する住民税非課税世帯を対象として無償化 

長いですね・・・この中から専業主婦家庭に関係のある部分をまとめていきます!

幼稚園の3~5歳児の場合

ママの就業状況にかかわらず、幼稚園は全員無償化とのこと。

現行の就園奨励費のような所得制限はありませんが、上限が月2.57万円と決められています。

ただ、専業主婦の場合は預かり保育は無償化の対象外とのこと。

ちなみに、シングルや共働きの家庭の場合は

月3.7万円(保育料上限2.57万円を含む)が無償化になるとのことでした。

0歳から2歳の場合

専業主婦家庭の多いのが、幼稚園に3歳になる前からプレで入園するパターン。

早いところだと2歳前から入園できるところもあるみたいですね!さて、この場合はどうなるのでしょうか?

上の資料によると、
住民税非課税世帯が無償化の対象とのことで、上限が月4.2万円

また、預かり保育の条件は3~5歳児の条件に準ずるようです。

専業主婦家庭の場合にこちらの条件に該当するご家庭は少ないのではないかと思われます。

詳しくはこちらにまとめています。

www.kosodate-raku.com

さて、我が家の場合は・・・

まず第一子は保育料は無償化。預かり保育は対象外。
ここははっきりしています。これは嬉しいですね!

ですが、微妙なのが第2子の方。
平成31年度の4月からは確実に無償化の対象となってくるでしょう。

もし、3歳の誕生日が来て、満3歳児クラスに入園する場合はどうなるのでしょうか?

もし満3歳児クラスに入園すると無償化になるの?

そこがイマイチわからなかったので、先輩ママさんにも聞いてみました。
現行の就園奨励費は満3歳から支給されているから、保育料も無償化になりそうだよね?とのこと!

さらに、上記の資料の中でもこのような記載がありました!

※ 開始年齢 … 原則、小学校就学前の3年間を無償化。ただし、幼稚園については、学校教育法の規定等に鑑み、満3歳から無償化

これを言い換えると、3歳の誕生日を迎えたら無償化の対象になるということになります。

逆に言うと、3歳の誕生日が来る前は無償化の対象外になりますのでご注意を!

詳しくはこちらにまとめていますので、よかったらご覧くださいね!

www.kosodate-raku.com

 

もし、私が働き始めたら・・・

そうなると預かり保育は無償になるみたいですね!

預ける場所を確保したうえで安心して求職活動ができるというのは心強いものです。

逆に、退職したから保育所をやめなくちゃっていう問題も、幼稚園であれば心配ありませんね!

家庭の状況に合わせて、柔軟に働き方を考えていくことができそうだと個人的には感じています。

 

ただ、増税します!

保育料無償化と同じ時期に消費税がとうとう10%になります。そして、まさにこの増税分が保育無償化の財源になるとのことです。
www.kosodate-raku.com

保育無償化はとてもありがたいこと。でも、だからって喜んでばかりもいられませんね!
さて、私たちの負担は増えるのか減るのかはたして・・・

保育無償化や消費税増税など、2019年度から大きく変わる制度を見越して、
これからの家計や働き方について考えていきたいものですね。

幼児教育・保育無償化に関しては詳しくはこちらにまとめています。
www.kosodate-raku.com

ぜひ、合わせてご覧くださいね!