雛人形のお下がりはアリ?なし?

我が家の雛人形は30数年もののアンティーク!なんて言いながら要は私のお下がりです。

私なりに情報収集をして、それぞれの実家と話し合って、我が家はこういう形をとることにしました。

これからいろいろアレンジしたり、リメイクしたりして楽しめたらいいなぁと思っています!

そこで、今回はお下がりの雛人形にしようかどうか迷っているパパさんママさんの背中を少しだけ押してみようと思います!

世の中ではお下がりブーム!?

2018年はパパのお下がりコーデが流行ったり、2019年の成人式ではママ振(ママの振袖のリメイク)が流行ったりと若者にもお下がりが流行っているみたい!

mery.jp

主流は「ママ振」…そこそこの人生を求める世代(読売新聞) – Yahoo!ニュース

 

ご両親と仲がいいんだろうなぁと思うとなんとも微笑ましいものですよね?

だったら雛人形だって七五三だってお下がりでもいいんじゃないかな?むしろ仲のいい家族の象徴のようにも思えてきますね!

我が家がお下がりにした理由

両親の圧力?

ズバリ私の両親の引き取ってくれ!という無言の圧力ですね!なんていうのは冗談で。私は本当に嫌なら断るタイプですから。

ちょうど娘が生まれた年に私の妹の結婚が決まりました。それをきっかけに雛人形を処分することにしたらしく、神社に連絡してお願いしていたようなんです。

両親の思い入れ

神社に持って行ったのに手放しきれず、また持って帰ってきたらしい。どうしても処分できなかったみたい。

昔からすぐに物を処分するミニマリスト的な私の両親にも捨てられないものがあるなんて!!どうやらかなり思い入れがあったみたいです。

私の思い入れ

お正月にその話を聞き、その日の夜に夫に相談して、翌日には夫の実家にも相談をしました。産後間もない私がそこまでしたのは、やっぱり私自身も自分のお雛様への思い入れが強かったからじゃないかな?

両親から初めての内孫に大喜びした祖母が張り切って豪華な7段飾りを買ってくれたことや、人形の顔が私にそっくりだから(ちょっと童顔なお雛様なんです。)これを選んだことなどをよく聞かされていたこともあり、私自身も毎年雛人形を出すのをとても楽しみにしていました。

私たち姉妹が成長するにつれて、出すのはお雛様とお内裏様だけになってしまいましたが、それでも毎年出し続けていました。今年もまた会えたね!なんて思いながら。それは今でも同じなのですが、それに加えて、亡くなってもう会えない祖母がそばで私と娘のことを見守ってくれているようなあたたかい気持ちになります。

夫の実家の理解があった!

夫のお母さんは季節の雑貨を飾ったり、集めるのが好きで可愛らしいお人形がたくさんもっているんです!夫の兄弟は男の子だけなのに、お雛様の雑貨もいくつかありました!

そんな可愛らしいものが大好きなお母さんだからきっと私のお雛様も気に入ってくれるだろうなぁという根拠のない自信があって、相談してみることにしました!

お下がりって縁起が悪いのかな?とか夫の実家に失礼にならないかなぁ?とかいう不安もありましたが、結果、お母さんが1番私の背中を押してくれました。そんなに大事にしてきたんだったらそれが1番いいと思うよ!みたいなことを言ってくれました。

f:id:chiitakachiitaka:20181203103446j:plain

初節句のときに夫の両親に見せたら、この雛人形がいかにいいものなのか、珍しいものなのかということを私の方が教えてもらいました笑。これは娘に受け継ぐべきものだとも。気に入ってもらえて素直に嬉しかったです。

お下がりは縁起が悪い?

調べてみると、そんな話もよく出てきます。ひな人形を取り扱っているお店のホームページや店員さんの話で知って気にされている方もいるかもしれませんね。

と、いうのも雛人形が身代わりとなって女の子を守ってくれるという考え方もあるみたい。だからひとりひとつ用意しましょう!という話があるのですね。

実は私もこれがちょっと気になっていました。おさがりでいいのかな?って。

ですが私にしてみれば、この子たちが縁起が悪いだなんてとても思えず。30数年たった今でも、見ているだけでこんなに幸せな気持ちになれるのに。

それに商業的にも、お下がりで良くなってしまえば、雛人形を買ってくれる人がいなくなってしまいますからね。これでは商売になりません。

ということで、私たちは自分たちの気持ちを大事にすることにしました!

両家とよく話し合おう!

こんな風に私が自分の雛人形を引き継ぐことができたのは、両家の理解があったからこそ!

ですが、こうした子どもの風習は地域や家庭によって大きく違うもの。なので、両家の気持ちや考えを会話の中から探ってみたり、相談してみたりした方がいいかと!みんなが楽しい気持ちで初節句を迎えられるようにしたいものですね!

リメイクするのもアリ!

さすがに7段飾りは大き過ぎて飾れない!!片付ける場所がない!!なんてこともあるかと思います。

ちなみに我が家は、私の父が7段飾りを4段にリメイクしてくれました!古くなったお道具は処分しました。

狭くなったひな壇に人形ばかりがぎっしりと並んでいたので、なんだか紅白のAKB48みたい!と母が言ってました爆これもまたいい思い出。

これが新品だったらなかなかこんなことできませんよね?こんなリメイクができるのもお下がりならではかもしれませんね!

お道具は単品で買えるんです!

我が家の古くなったお道具たちは処分してしまいましたが、このお道具たちってネットで買えちゃうんですよ!いい時代ですね!

そこで、我が家も屏風が古くなってしまったので買い替えたいなぁと!

それからぼんぼりもなんだか心配で。なにしろ30数年前の電気製品ですから。イマドキのピンクにするのもアリですよね?子どもたちも喜びそう!

それからお道具一式のセットもありましたよ!

ただ、大きさをよく確認して購入した方がよさそうですよ!最近のものはコンパクトなものが多いですからバランスが悪くなっちゃうかも!

これだけ交換しただけでかなり華やかになりそうですね!

自分なりのアレンジを楽しもう!

さて、我が家はというと、娘が古い雛人形を嫌がるようであれば、上のようにいろいろアレンジしてみようかな?と思っています。こんな経験もお下がりじゃないとできませんから、どうせなら娘と一緒に楽しみたいなぁと思って!

それから、個人的にはさげもんを作りたい!柳川のひなまつりにも今年こそ行きたいなぁと計画中です!こんな感じで我が家のペースとやり方でこれからもひな祭りを楽しんでいきたいと思います。

www.kosodate-raku.com

www.kosodate-raku.com