幼児教育無償化 3歳児は幼稚園と保育所で対応が違うみたい!

2019年10月から始まる幼児教育・保育無償化の制度。

早速情報収集のため、内閣府や文部科学省の幼児教育無償化に関する資料をいろいろ読み漁ってきました!

その中でも気になったのが、3歳児さんのこと!

幼稚園と保育所で無償化の対象が異なる部分があるみたい!

ということで、今回はその違いについて調べてみました!

 

3歳から5歳のすべての子どもが無償化!

幼児教育の無償化に関する住民・事業者向け説明資料:文部科学省

内閣府の資料では、このように説明されています。

【対象者・利用料】
○ 幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳の全ての子供たちの利用料が無償化されます。

ですが、この表現には様々な疑問が湧いてきますよね?

  • じゃあ6歳になったらどうなるの?
  • 満3歳児クラスの場合はどうなるの?

 

6歳に関してはこちらで説明しているので、よかったらお読みくださいね!
www.kosodate-raku.com

 

幼稚園の3歳児の場合は・・・

さらに先ほどの資料にはこのような記載もありました。

* 幼稚園(4時間程度)については満3歳(3歳になった日)から、

保育所については3歳児クラス(3歳になった後の最初の4月以降)から無償化されます。

ということは、幼稚園では、満3歳からが保育料の無償化の対象!

言い換えると、幼稚園の場合は、3歳の誕生日が来た時点で保育料が無償化の対象になるということ!

一方、3歳のお誕生日を迎える前の子どもは無償化の対象外ということです。

 

保育所の3歳児の場合は・・・

さて、保育所ではどうなるかというと、先ほど紹介した通り、

3歳になった後の最初の4月からが保育料の無償化の対象となっています。

ただ例外として、0から2歳であっても、住民税非課税世帯は無償化の対象となります。

 

今3歳の子どもがいる家庭は要注意!

このように、同じ3歳でも幼稚園と保育所で無償化の開始時期が異なります。

満3歳で幼稚園に在園している子どもの方が保育所の子どもよりも対象となる期間が最大で半年ほど長くなるようですね!

それから、これから幼稚園の入園を控えているご家庭もちょっと頭の中で電卓をたたいてみた方がいいかもしれません・・・

 

幼稚園にいつ入園したらおトク?

我が家もちょうど下の子が今年3歳になるので、幼稚園に入園する時期をいつにするか悩んでいます。

  • 2歳のうちから入園するか・・・
  • それとも、誕生日が来て3歳からにするか・・・
  • もしくは、年少さんになる4月に入園するか・・・・

というのも、2019年10月からの幼稚園の無償化と消費税増税の施行の前後で

幼稚園の入園にかかる費用が変わってきますよね?

ママ
制服代や用品代だって高いですし、消費税がかかりますからね・・・

こうして考えてみると、10月から入園希望者が殺到することも考えられます。

ママ

さらに、入園準備のことも考えると、

水筒やお弁当グッズを揃えるのも増税前に済ませた方がいいかな?なんて思っています。

これは状況によっては、早めに動いた方がいいかもしれませんね!

紛らわしいことも多々あり・・・

幼稚園と保育所は管轄する省庁や制度自体が違うということもあり、

今回の保育料の無償化においても、このような違いが生じたのではないでしょうか?

なんとも複雑な制度ではありますが、これからも情報収集をしつつ、動向を見守っていこうと思います!

もし新たにわかったことや変更点があれば、また記事にまとめます!