幼児教育無償化 給食費は要確認!無償にならないものは?

2019年10月からスタートする幼児教育・保育無償化の新制度。

我が家も幼稚園児がひとりいるので、毎月保育料を支払っています。

その額27000円/月也!

幼稚園の頃は教育費がかかるというお話はきいたことがありましたが、それは本当でした!

そして、この保育料。

その全額が無償化になるわけではないみたい。対象外となる費目もあるとのことです。

ということで、幼稚園の保育料の中から無償化の対象外となる費目を調べてみました!

幼稚園の場合は?

幼稚園のバス送迎費は対象外!

我が家は2000円/月ほど支払っていますが、こちらは保育料無償化の対象外になるのだそう!
毎日保護者が送迎されていれば払わなくてよい費目なのですから、これは無償化にならなくて当然といえばそうなのかも!

幼稚園の給食費は対象外!?

毎日給食の園もあれば、曜日ごとにお弁当とのローテーションになっている園もあり、保護者の希望による注文制のところもありますよね?

一応、文部科学省の資料では、幼稚園の給食費は原則無償化にはならないとのこと!
ですが、ここでひとつ疑問が!

というのが、うちの子の幼稚園では、保育料の中に食育費として給食費が含まれているんです。

なので、給食費の詳細な内訳は不明。

さて、この場合はどうなるのでしょうか?

こちらでもいろいろ調べてみましたが、給食費をめぐっては、これという明確な情報がありませんでした・・・

個人的な予想では、幼稚園は今年から給食費が保育料に含まれなくなって徴収されるような気がしています・・・

これは幼稚園に直接聞いた方が確実ですね!

専業主婦家庭の預かり保育も対象外

専業主婦家庭でも利用できる幼稚園での預かり保育も実施されています。

もちろん私もよく利用していますが、専業主婦の場合は無償化の対象外となります。

どちらも働いていたら預かり保育は無償に!

ただ、保護者が両方とも働いている家庭に関しては上限はありますが、幼稚園の預かり保育は無償化の対象です。
預かり保育に関しては、同じ幼稚園に通っていても、保護者の就労形態によって違いが出てきますのでご注意を!

幼稚園は純粋な保育料のみが無償化

言い方を変えれば、純粋に保育料と記載されているものだけが無償化の対象ということみたい!

それ以外は自己負担であると覚悟しておいた方がいいですね!

給食費に関しては、幼稚園によって対応が変わってくる可能性がありますのでご注意を!

www.kosodate-raku.com

ちなみに保育所はどうなる?

ほぼ幼稚園と同じだろうということなのですが、気になるのはやはり給食費です。

給食費は?

こちらも幼稚園と同様、明確な情報がないため、保育所によって対応が変わってくることが予想されます。

さらに、主食費か副食費かでも対応が変わってくることもあるようなので、幼稚園よりもさらに複雑になりそう!

やはりこちらも、詳細が知りたいのであれば、保育所に問い合わせてみた方がよさそう!

未満児の住民税非課税世帯は?

0〜2歳児クラスに関しては、給食費の中に保育料が含まれることが多いのだそう!

なので保育料が無償化になる住民税非課税世帯に関しては、
給食費も無償化の対象なのでは?という話が有力みたい!

www.kosodate-raku.com

 

そのほかのご家庭は、今のところ実費負担ということになりそうです。

我が家の場合はどうなる?

幼児教育無償化に関しては、まだまだわからないこともたくさんありますが、
だいたいどのくらいを自己負担することになりそうかを予想してみるだけでも今後の見通しが立ちそうですね!

こちらの記事も参考にしながら、やってみてくださいね!
www.kosodate-raku.com
www.kosodate-raku.com
www.kosodate-raku.com