幼児教育無償化 0歳〜2歳児はどうなる?

2019年10月から消費税増税とともに、幼児教育無償化および保育無償化がスタートします!

ただ、無償化とは言えど保育施設を利用するすべての子どもたちが対象という訳ではないみたい。

 

特に0歳〜2歳・3才の子どもたちは無償化の対象外になることが多いようですよ!

そこで今回は、0歳〜2歳児の幼児教育無償化および保育無償化について調べてみました!

住民税非課税世帯が無償化の対象に!

すでに障害児通園施設や認可保育所では無償化になっていますが、

2019年10月からは認可外保育所も無償化になるということです

ただし、上限額がありますのでご注意を!月額4.2万円が上限とのことです。

www.kosodate-raku.com

ちなみに、認可外保育施設とは以下のような施設です。

  • 認可外保育所
  • 事業所内保育施設
  • ベビーシッター
  • ファミリーサポートセンター
  • 地域型保育施設
  • ベビーホテル

www.kosodate-raku.com

 

それ以外は自己負担に!

保育料は家族形態や住民税の納税額によって決められますので、その額を自己負担するという形になります。

ということは、これまで通りとなるご家庭も多いということですね!

何歳から無償化になるの?

さて、それでは0歳から2歳児さんが何歳になった時点で無償化の対象になるのでしょうか?
以下のようにまとめてみました。

幼稚園の場合

幼稚園の場合は、満3歳になったらとのことです。

言い換えますと、3歳の誕生日が来た時点で無償化の対象になるということになります。

保育所の場合

幼稚園の場合は満3歳からでしたが、保育所の場合はもう少し先になります。

と、いうのが、満3歳になって最初の4月が来た時点で無償化の対象になるということです。

3歳の誕生日が来ても、4月になるまでは保育料は自己負担になりますのでご注意を!

www.kosodate-raku.com

参考資料

こちらを参考にしました。文部科学省のサイトに掲載されています。
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/outline/pdf/free_ed-setsumei2.pdf

詳しい内容を知りたい方はぜひご覧くださいね!

1番高い時期が無償化になってない?

私の周りではそのような声が聞こえてきます。

確かに0歳から2歳児の保育には保育士の人数が必要なだけに、人件費もかかりますからね。それになにしろ、保育士不足ですから。

今回無償化とならなかったのはそんな事情もあるのかもしれません。

今後、0歳から2歳児さんも完全に無償化になるときがくるのでしょうか?

これからの動向に注目していきたいと思っています。

www.kosodate-raku.com