幼児教育無償化 保護者への説明で現場の不満がダダ漏れ・・・

2019年10月からスタートする幼児教育無償化。

それに先駆けてうちの子が通う幼稚園でも、
2019年4月の始業式の際に園長から保護者に向けてお話がありました。

その内容に幼稚園で働いていた身としては複雑な思いも・・・

そこで今回は、うちの子が通う幼稚園の動向とともに
幼稚園で働いていた私が感じる幼稚園運営への疑問を紹介します。

幼児教育無償化に経営者は不満タラタラ・・・・

 

幼稚園側としては、幼児教育無償化はしたくはないけれども、

国で決まったことなので仕方がない・・・

保育の質の低下が懸念されるが、

園行事の見直しを行うことで対応していくとのお話でした。

そこまで不満タラタラな態度を保護者に見せるのはいかがなものか?

幼稚園のこのようなネガティヴな反応を保護者としては見たくなかった・・・

そんな風に思いつつ、今後の動向を見守ることにしました。

幼児教育無償化で見直された園行事の内容

7月初旬に開催される夏祭りが大きく変わりました。

具体的に見直されたものは以下の3点。

 

  1. 幼稚園の敷地の周りをおみこしを担いで一周回るのが廃止に!
  2. おみこしの制作活動も廃止に!
  3. ヨーヨー釣りなど費用や手間のかかる出し物の削減

それぞれの見直しに関する個人的な見解は以下の通りです!

おみこしを担いで地域を一周!は時代にはそぐわない?

夏祭りは、時期的に台風や梅雨で天候がくずれる時期でもありますし、

初夏の気候は熱中症になりやすいという側面もあります。

さらに、幼稚園周辺地域の理解も不可欠です。

子どもたちの声はもちろん、保護者も見に来るわけですから、

ご迷惑に感じる方もいることでしょう。

先生や役員の負担を軽減!

働くママさんには役員は負担に!

また、昨年夏まつりの役員になってお手伝いをしたのですが、

ほかの役員に比べると負担が大きかったように感じました。

幼稚園に2度ほど準備に出かけましたし、当日もお手伝いがありました。

私自身も下の子を連れていくのは大変だったのですが、

お仕事をされているかたにとっては、

休みを取らなければ準備に参加できないわけですから、

もっと負担が大きかったのではないかと感じています。

役員の負担が減れば先生の負担が増えることに!

さらに、夏祭りの前日に水害があり、幼稚園が休園になりました。

役員も夏祭りの準備に行く予定だったのですが、それもなくなりました。

よって、わたしたち役員がする準備は全て先生たちがすることになったのだとか!

九州北部豪雨による水害や土砂崩れの中、出勤されて準備をした先生方も大変だったことでしょう。

今年の夏祭りからは、費用や手間のかかるものが削減されていました。

娘の幼稚園が幼児教育無償化をきっかけに
先生や保護者たち自身の首を絞めるような保育内容を見直していくことは、
悪いことばかりではないような気がしています・・・

 

先生の負担を減らすことが保育の質の低下にあたるのか?

特におみこしに関しては、昨年も天候が悪くてできなかったので、
個人的には見られないまま廃止になってしまい残念ではありました。

ですが、このことが保育の質の低下になるのかといえば、
私はそのようには感じませんでした。

幼稚園の行事の運営の問題点

幼稚園で働いていたころも行事の準備をしていましたが、

年々行事の規模は大きくなり、準備することも増えるばかりでした。

その一方で、幼稚園の先生は世代交代のサイクルは早い職業です。

ベテランの先生がこなしていた規模が大きくなった行事を
若い先生たちがそのままひき継ぐのには負担が大きすぎるというのを常々感じていました。

かといって、若い先生たちが園長に意見することはなかなか難しい環境でもありました。

先生たちの負担が減ることで保育の質はあがるはず!

そんな余裕のない状態で先生たちが保育に当たることこそ、保育の質の低下につながるのではないでしょうか?

そういった意味でも、保育内容を見直して先生方の負担が減ることで、
みんなが余裕をもって園行事を迎えられるようにした方が、
子どもたちにとってもいいことなのではないかと感じました。

保育内容を見直すことで、保護者からの反応が気になるところは確かにあります。

そんな中で、勇気を出して行事の内容を見直した判断は、個人的には支持しています。

こちらの園にしてよかった!感じている部分もあります。

経営者に現場の声は届いているのか?

幼稚園で働いていた身としては、
幼児教育無償化で混乱しているのは、今までの幼稚園運営が
状況に応じて適切になされていなかったせいなのでは?と感じざるを得ません。

園長が1週間も海外旅行にいっていたり、
副園長がいつも保育の現場でブランド物をきていたりするのに、
現場は人手不足で余裕がない・・・・

いやいや・・・そんな余裕があるなら、パートさんでもいいからもう一人雇って!
それができないなら、もっと作業負担の軽減に動いて!
毎日の掃除がなくなるだけでかなりラクになるんだけどなぁ・・・

なんて今になると感じる部分もあります・・・

幼児教育無償化を機に、それぞれの幼稚園の業務や保育内容がが
もっと見直されてほしいと切に感じています。